ゴミの山を資源の山に。スマイルフラワー。
ゴミの山を資源の山に。スマイルフラワー。

「燃えるゴミ」を燃やさずに熱分解で脱炭素化。

海洋ゴミ問題に地域・各団体と連携して
「移動式アースキューブ」を使った新たな取り組みに挑戦します。

昨今、「SDGs」「脱炭素」という言葉を耳にする機会が増えました。有限会社カツミ工業では、このたびメーカーのご協力のもと「有機物低温熱分解装置(アースキューブ)」の車載型「移動式アースキューブ」が完成し、今後はアースキューブの販売をしていく傍ら、 各団体・各機関と連携を図り、海洋ゴミ問題に取り組む「花咲か爺さんプロジェクト」を立ち上げて新たな取り組みに挑戦していきます。

【アースキューブ】

昨今、「SDGs」「脱炭素」という言葉を耳にする機会が増えました。有限会社カツミ工業では、このたびメーカーのご協力のもと「有機物低温熱分解装置(アースキューブ)」の車載型「移動式アースキューブ」が完成し、今後はアースキューブの販売をしていく傍ら、 各団体・各機関と連携を図り、海洋ゴミ問題に取り組む「花咲か爺さんプロジェクト」を立ち上げて新たな取り組みに挑戦していきます。

花咲か爺さんプロジェクト

花咲か爺さんプロジェクトの目的は「知ってもらうこと」です。
各地で海洋ゴミが問題となり、多くのボランティア活動が行われていて、その活動は海に隣接する地域の方で行われています。しかし、活動に参加してみると、ゴミの種類は海岸によって違いがあり、その大半は陸からたどり着いたものです。花咲か爺さんプロジェクトでは、そういった現状を伝える活動をしていきます。
また、海洋ゴミを回収しても、焼却処分すれば二酸化炭素を排出して温暖化に繋がってしまいます。近年の異常気象の原因の一つが温暖化だと言われています。花咲か爺さんプロジェクトでは、各自治体、行政と連携を図りボランティア活動やイベントなどから排出されるゴミを無公害で処理するお手伝いをさせて頂き、回収したセラミック灰から二次製品を作って循環型社会への貢献も目指していきます。
活動する中で、各団体の取り組みを情報発信して点と点を繋いで行くことを目標としています。

【概要】

  1. ビーチクリーン・イベント
  2. 集積場に集められた海洋ゴミの回収
  3. 就労支援施設へ持ち込み砂の除去
  4. アースキューブを使って、無公害で熱分解
  5. 就労支援施設へ持ち込み丸める作業
  6. 協力企業で二次製品の製作
  7. マルシェ等で販売・ワークショップ
  8. モニターを使って様々な情報発信

【特徴】

  1. ポランティア活動とコラボして活動。
  2. 地域との連携を図る。
  3. 花咲か爺さんのスキームの中で雇用の創出を図る。
  4. 脱炭素社会に向けた取り組み(無公害)。
  5. 二次製品の種類によって層用の創出を図る。
  6. 他の企業との連携。
  7. 二次製品を再利用して、循環型社会の一助となる。
  8. 各種イベント等でSDGsの普及活動。また、SDGsに取り組む企業·団体の情報発信。

代表よりご挨拶

MESSAGE

私は2020年2月20日まで製造業から撤退し、翌日から想定外の病気で緊急入院入院をして、医師より「致死率90%」と宣告されました。
しかし死に至らず、今こうして挨拶を書くことが出来ています。まさに奇跡が起きたのです。
入院中はコロナ真っただ中で、病院の外ではいろいろなことが起こっていて、ベッドの中では常に頭の中に「変化」の文字が浮かんできました。
今までにない仕組みで、新しいことに挑戦しよう!!
命拾いした人生2周目は、大きな組織体で動くのでなく、点と点を結んでミツバチの様に動く。
そしていろいろ考えた中の一つが「花咲か爺さんプロジェクト」でした。
現在は賛同して頂ける方が増えて、点と点が繋がり、線から円に形が変わってきています。
笑顔の花を各地で咲かせていけるような活動をしたいと考えています。

会社概要

社名 有限会社カツミ工業
所在地 〒486-0912 春日井市高山町1-13-14
代表者名 代表取締役 西脇 徹
TEL 0568-32-3438
PAGE TOP